LINE Pay カード

ここでは、「LINE Pay カード」 に関する記事を紹介しています。

PR  エリア


11月22日(火)から全国のファミリーマート、29日(火)から全国のローソン、

2月中旬以降、ミニストップ、スリーエフ、ポプラ、コミュニティストアなどで販売します。

カードのデザインは、店頭販売専用の新しいデザインです。

001la.jpg  002al.jpg

レジでの購入時に1,000~1万円の範囲でチャージ金額を選び、

支払い完了後、LINEアプリを使ってカード利用開始手続きを行うと、、

チャージした残高をすぐに使うことが可能です。

これまでの「LINE Pay カード」と同様、繰り返しチャージして利用できます。

LINE Pay カードは、JCB加盟店で使えるプリペイドカードです。

(国内:約1,000万、海外:約2,100万)


利用特典:

 決済金額の2%分(100円につき2ポイント)の「LINE ポイント」が貯まります。

 貯めたポイントは1ポイント1円として、LINEの各種サービスで利用できます。

 1ポイントからLINE Payの電子マネーとして交換(チャージ)することもできます。(再チャージ)

 他のポイントに交換できます。(nanaco、Pontaなど)

 これ以外にも特典あります。

 詳しくはこちら

 http://psaving.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

 http://psaving.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

 http://psaving.blog.fc2.com/blog-entry-12.html 


JCB加盟店で利用できるプリペイドカードです。

※国内:約1,000万件 、海外:約2,100万件 (2016年3月末時点)

d1594-521-437666-1.jpg

10代女性に圧倒的に人気が高かったデザインです。


購入金額の2%分(100円につき2ポイント)の「LINE ポイント」が貯まります。(ポイントは1ポイント1円)

1,000ポイント以上でご自身のLINE Pay残高に電子マネーとして交換可能です。

また、他社ポイント(Pontaポイント、nanacoポイントなど)に交換可能です。


審査や年齢制限がないので、

LINEユーザーならだれでもLINEアプリ内でお申込みが可能です。




4a28516a.jpg

普段でも100円ごとに2ポイントも貯まるLINE Pay カードですが、

ポイント夏祭り期間中はなんとお買い物代金100円ごとに4ポイントのLINE ポイントがもらえます!

参加方法

期間中のLINE Pay カードを利用したお買い物は自動的にキャンペーン対象となります。



キャンペーン期間

2016年7月25日(月)00:00~7月31日(日) 23:59

※上記期間中のLINE Pay カードご利用分が対象となります。

※通常ポイントが付与される時期は、ご利用の店舗・サービスによって異なります。(数日~最大2ヶ月後)

※ポイントアップ分(+2%分)については、全てのご利用分が8月末に一括付与されます。

※ご利用の店舗・サービスによっては、カードご利用時に決済処理がされず、

 キャンペーン対象外となる場合があります。

※お1人様あたり、ご利用金額100万円までがキャンペーンの対象となります。






カードを利用で、サインや暗証番号入力を要求されるケースも多いです。

サインならいいのですが暗証番号入力の場合もあります。

例、病院の支払い機(大きな病院)、JRの券売機など


LINE Pay カードも暗証番号(4ケタ)を設定すれば、 

病院の支払い機(大きな病院)、JRの券売機などの支払いは、可能です。


設定の方法
① LINE Payの画面にして、「設定」をクリック。
anshou01.jpg

② 「LINE Pay カード」をクリック。

③ LINE Pay パスワードを求められます。 (7ケタを入力)

④ 「カードの暗証番号」をクリック。
anshou02.jpg

⑤ セキュリティコードの入力を求められます、

  カード裏の署名欄の上に書いてある数字の末尾3桁を入力。
anshou04.jpg

⑥ 暗証番号の入力画面になり、、ここで暗証番号(4桁)を2回入力すれば、完了。
anshou05.jpg

これで、暗証番号が使えます。

より多くの場所で使えるようになったので、一歩クレジットカードに近づきました。




出金(銀行登録必要) 本人確認後、使用可

全国ほぼすべての金融機関で可能で、200円(性別)の手数料が必要です。

l_yuo_line_03_550.jpg


※送金機能と出金機能の二つを使えば、銀行の送金と同じでは・・・・?
  
 但し、安全性があるかどうかわからない。



これは、実際に可能か?どうか?わからないが、

たとえば、 銀行から5000円出金(ATMなら、手数料無料時間)します。

今度は、LINE Pay カードにチャージ(機械で5000円)します。

5000円のチャージ伝票をレジに持って行くと、4999円で、5000円のチャージができます。

そして今度は、5000円を出金機能で出金した銀行を使います。

ここで、その銀行から出金しないなら、4999円で、5000円入金したことになります。

考えると、間接的に1円の利息では・・・・? 銀行の普通預金金利より高いのでは・・・?

これは、私の考えなので、実際に行っても、可能か?どうか? わかりません。